竹篭の花入れがステキな季節が
やってきました。
水盤型ですので、短く活けて
ふわふわした感じがいいと思います。
店の寄せ植えコンテナのサラサウツギと、
スカビオサ

 

 

 

鉢植えなのに大きくなって、
今年は花もいっぱい!
歩いて通られる人たちが、
楽しんでくれてるようです。

 

 

 

 

こちらは、
野バラとバラ・パットオースチン
白のシラン

 

 

 

 

こんなふうになってます。
竹だけど、和の花だけが似合うわけじゃないのよ。
京都製です。

 

 

 

 

竹に縄編みの小判水盤
芍薬を生けてみました。
面白い編み方がしてあって、
個性的!!
これからのシーズン、
紫陽花なんかを短く切って
活けるとステキですよ。

 

 

こんな形
どちらを前にしてもいいかな。
活ける花次第です。
京都製

 

 

 

 

我が庭の八重の芍薬
白と淡いピンクの2株並んでます
白は大株になって、毎年咲いてくれるけれど、
ピンクの方は成績悪いのよ
いっつも、蕾のまま黒くなっておしまい。

 

 

 

洋種芍薬フェスティバ マキシマ

 

 

 

 

 

芍薬 滝の粧

この芍薬は今年咲いてくれて、
ホント嬉しい!
日陰だからなのか?
株がこんでるのか?気むずかしい。
今回肥料はいっぱいあげたよ。
2株共

こちらもご覧いただければ幸いです。